2004年03月13日

テレビの中の世界

帰国してすぐにマリナーズ対カブスのオープン戦がBSで放送されましたが、その内容がフレディとマダックスのカードだなんてびっくり。

040313-1

040313-2

2/20に日本を発つときにはNHKの放送予定がまったくなくて今年はオープン戦の放送をしないのかな?と思っていたのだけど、アリゾナに移動する前くらいにホムペに載っていたようですね。

これ日本で放送すると判っていたらもう少しいたのになぁ…(笑)と思ってしまいました。けどでもまさか!帰国後フレディのゲームなんて見れると思ってなかったらこれはこれでラッキーかも。

フレディはファーボールを3つ出したものの、昨年のキャンプの時からすると体が断然しまているしいい感じだと思います。去年のキャンプはホント炎上していましたからねぇ。これで本当に日本で開幕投手してばかばか打たれたらどうしよ〜と思ったものでした。(結局なくなりましたけどね)

でもこうしてテレビで見ているとあそこについこの間までいたのがうそのようです。なんか遠い昔のような…。フレディと話をしたのも全部嘘みたいな感じがします。遠い人なんですけど、本当にテレビで見るといよいよ距離を感じます。練習場で見ているとそばにいるので、本来遠い人なんですけど遠く感じないんですよね。(笑)単にずーずーしいだけかも(笑)。

この感覚はいつも渡米の際はあるもので、レギュラーシーズンのときなどはほぼ毎日テレビで放映があるので、それを見ながら出発前にテレビの世界に入るんだな〜とひとりわくわく。帰国後に出発前予約しておいたビデオを見てはこの中にいたのか〜と思うと感慨にふけるものもあります。なんか不思議な感覚です。

それにしてもマダックスの投球に唯一当てたのがイチロー選手だけだなんて(2打席ともバットに当てた)なんかすごいですよね〜。見てるとそこまでうちにくいのかな?と思ったりするのですけど、きっとすごいんでしょうね。以前カーディナルスの田口選手の日記にも書いてありましたが、田口選手もネクストバッターズサークルではそう思ったそうです。ところが、打席に入ってみるとすごく変化するんだとか。そんな中マダックス投手は今日は8三振を取るということは調子は決して悪くないんでしょうし、そこでクリーンなヒットを打つあたりはさすがなんでしょうね。

あ、そうだ。フレディに日本でこのゲームを見たことをまた手紙に書いて送っておこうっと♪
posted by ともとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。