2004年04月04日

9時すぎ

シアトルのホテルに到着。2時間半のドライブはさすがに疲れました。思えば、今日はヒューストンからサンフランシスコ、サンフランシスコからバンクーバーと2フライトで合計8時間フライトに乗っていて、さらに2時間半のドライブなので疲れても仕方ないかもしれません。

久しぶりのシアトルは思ったより暖かいです。やっぱりバンクーバーと一緒で最近温暖なのかな?

いつも早朝移動がからんでいるので、空港近くのホテルをとることが多いのですが、今回は移動は夜だし、ダウンタウンに条件をすべてかねそろえているホテルを発見したのでこちらの予約しました。ヒューストンのスイート以上に広い(ダウンタウンなのに!)キッチン付きのリビングとベッドルームが完全別になっている形のスイートです。もちろんハイスピードインターネットも完備!これはいいです〜〜。

ホテルの部屋からはダウンタウンが一望でき、スペースニードルも部屋からばっちり。夜景を部屋から撮ってみました♪おお〜。

040404-26

明日はIさんが合流します。出発前にずーっと打ち合わせをしてきて、彼女はいよいよ初のシアトルなのです。一緒にいろいろ満喫できたらいいな〜と思います。明日9時半にシアトル到着するので、とりあえず早めに出て迎えに行き、合流後に出かける準備してから、オープニングディ前に一足先にセーフコフィールドの球場ツアーに出かける予定にしています。楽しみです〜〜♪

アメリカ再入国

島国である日本で出来ないことのひとつ、道路での国境越え。結構好きで今までもシアトル(アメリカ)とバンクーバー(カナダ)の間以外にも、デトロイト(アメリカ)とウィンザー(カナダ)の間の国境、そしてナイアガラの国境にも行ったことがあります。デトロイトとウィンザーの間は橋がかかっていてその橋を渡るとアメリカだったりカナダだったりします。ナイアガラは歩いて渡れます。橋でも歩いて渡れて、国境のところに線があり、国境を挟んでアメリカ側とカナダ側に別れて旦那と一緒にツーショットを撮ってもらったことも今は懐かしい思い出です。

そのころと比べてどれくらい厳しくなったのかなとどきどきしながら国境越えの審査場へ。バスと車は並ぶところが違うようで、それでも車は5つぐらいあるゲートそれぞれに10台は並んでいましたが、順番までに30分ほど待ったくらいだったので思ったより早かったかなと言う感じでした。

前の車がかなり質問されていて長かったのでどうなるかなとおもったのですが、パスポートを見せてどうしてカナダに来たのか(観光)ということを質問された後、飛行機のチケットを見せて行き先を説明したらあっさり通れました。アメリカ入国許可をされていた(すでに4/2にサンフランシスコでアメリカに入国していますからね)こと、旅行者ですぐに日本に帰ることなどをふまえてそうきつくなかったのかなという感じです。よかった〜。

この瞬間からいよいよアメリカに戻ってきました〜。ただいまです。(笑)

あとはシアトルを目指すだけ。…といってもここからかなり長いのですけど(100マイル(160キロ)以上まだ残っているし。わ〜体力勝負!)

写真は入国審査のところの碑と石造りの看板です。アメリカとカナダ国旗が揺れているのが雰囲気ありますね。

040404-24

040404-25

遠くに見えるは…

夕刻うっすらと遠くの空にタコマ富士として名高いMt.Rainerが見えました。

040404-23

雪が積もっています。ホントきれいに見えて思わずぱちり。道中のなが〜いドライブにほっとしたひとときでした。

お別れ…そしてシアトルへ

Mちゃんとの楽しいひとときはあっという間に過ぎ、カナダから入国するときにどれくらい時間がかかるか判らないということもあって、夕方6時半くらいに別れました。移動は大変でしたが本当に久しぶりだったし会えてうれしかったです。5月に学校が終わって帰国するみたいなので、今度はもっと間隔あかずに会えるといいんだけどなぁ〜。

Mちゃんお休みのところ時間を作ってくれてありがとう〜。
そして今回の計画に賛成してくれた旦那にも感謝!です。m(_ _)m

Mちゃんもバンクーバーからシアトルに行くことがあるのだそうですが、その際はバスで入国し、審査に1時間くらい待つと言っていたので正直ちょっとシアトルに何時に到着できるかなと言う感じでした。彼女曰く、テロ後にカナダからのバスでの入国が厳しくなったようで(沢山乗っているのでいちいち調べていくのが大変なのかもしれませんね)、場合によっては入国できずそこで降ろされる人もいるらしいです。うわ〜。それでも日本人というのは比較的に恵まれているとは思います。今はイスラム圏の人にも厳しいでしょうし、同じアジアでも中国や韓国の人に対してはアメリカはすこぶる厳しい傾向があるように思います。荷物などめちゃめちゃチェックされていたりするし。中国や韓国の人がバンクーバーに多いのもその辺に理由があるらしく、ビザがおりやすいのだとか。なるほど、アメリカはそういう意味では場合によって差別が激しいところがあるので、そういう人たちにとってはアメリカのビザの取得が厳しいのかもしれませんね。

心配していても仕方ないしまぁなるようになるさ!と出発しました。
写真はシアトルに向かう99号線(カナダでは99号線ですが、これがアメリカに続きアメリカでは5号線になります。)行きの看板です。車中から撮影してみました。

040404-22

アメニモマケズ

これはカナダの桜に対してのMちゃんの言葉をそのまま借りた物です。(笑)カナダは桜が満開でとってもきれいでした。でも日本の桜とは違って色も濃くてしっかりした感じです。

040404-20

040404-21

このことについてMちゃんは

「カナダの桜はアメニモマケズ…で雨ぐらいじゃ散らないからね〜」

と言っていたのが妙におかしくて思わずタイトルにしてしまいました。確かに〜日本の桜にははかなさとかあるのに…まったくみじんもないわけね〜。

そのためか結構長く咲いているみたいですね。

ダウンタウンから離れて…

ダウンタウンからスタンレー公園を抜けるとノースバンクーバーとウエストバンクーバーに行ける橋があります。ウエストバンクーバーはいわゆる著名人やお金持ちの街なのだそうです。今回はノースバンクーバーの方に渡ってみました。

緑が多くてとても気持ちがいいです。一気に田舎町になる感じでこのあたりも結構極端だなと思いました。今度はカナダのお店に入って、アメリカに向けてのドライブ用にドリンクなどをゲット。

ドライブ中の景色は本当にきれいで、夕方ということもあって良い感じでした。最近のバンクーバーはかなり暖かめだということなので、シアトルも暖かいかなとちょっと期待していますが…果たしてどうでしょう??(笑)。

カナダは緯度の関係もあって、ヨーロッパの白夜みたいに夏になると夜10時や11時まで日がくれないのだそうです。なんか不思議ですよね〜。日本じゃあり得ないしなぁ…。

写真はノースバンクーバーに行く橋です。

040404-19

さらにさらに…

もっと日本チックなものもたくさんあってだんだんおかしくなってきました。カラオケも100円均一もあるんですね。

040404-17

040404-18

ここでワーキングホリディしていても、ホームシックにならないかも〜。

お弁当もあります。

なんとコンビニ弁当もありました。どらやきも日本のパンもなんだってありますね。すごいでしょ〜。感動してぱちり!

040404-15

そして2枚目は広島お好みでおなじみのオタフクの製品のようですが、スパイシーポン酢って何?って感じです。

040404-16

めちゃめちゃ気になったのですが今回は購入してないです。日本で見たことないのですがあるのかなぁ?

熟カレー

これは逆に輸入された熟カレーです。

040404-13

040404-14

印刷ではなくシールが上から貼ってあるのでこういうものは日本製品をここ向けにシールで対応している感じなのでしょう。そういえば、昔台湾に行ったときも同じように日本製品に中国語のシールを貼って販売していました。(そごうや三越で)

熟カレーも一晩どころではなく、輸入された日から寝かされているのでルーの段階からかなり寝かされてるかもなーんてしょうもないことを思いつつ、明日からキッチンで食事が作れるので購入して帰りました。いろんなものを見て回りましたが、カナダの方がアメリカよりもはるかに日本食品が充実しているので食事は困らないかもしれません。

グリコ

コリアンがあふれているのは確かですが、日本語も相変わらずあふれていました。まずグリコ直営(カナダ支店がバンクーバーにあるのだそうです。)のコンビニやさんへ。

040404-11

グリコの直営だけあってグリコ製品が輸入されていたりしますが、グリコに限らず日本ぽいものやアジアの物を沢山集めて売っています。店員さんも日本語だし、流れてくる音楽もGlayでどこにいるのかわからなくなるほどでした。

そこでおもしろい物を紹介してもらいました。それはグリコのご当地ポッキーならぬ、カナダでしか販売していないカナダプリッツです。

040404-12

正真正銘バンクーバーのグリコの本物です。なんか変な感じですよね〜。カナダドルで14.99ドル(約1000円ほどでした。)メープルシロップが入っているみたいです。おいしいのかしら?まぁおみやげに…といっても日本人にしか受けないだろうけどね。

明日シアトルに到着するIさんと一緒に味見してみよう…と買ってみることにしました。

ジェラートのお店

これはダウンタウンにあるジェラートのお店です。

040404-9

大人気で常に人で一杯でした。聞いたところ、土日はもちろん、放課後に行っても混雑しているようです。もちろんおいしいことと選べる種類がすごく多いこともあると思うのですが、このボリューム!実はこれシングルなんです。このダブルだと…食べてる間にとけちゃいそうですよね〜。うーん。

040404-10

アメリカでは見たことないのですが、カナダでのチェーン店なのかな?
ちなみに私はパンプキン、旦那はフレッシュマンゴー、Mちゃんはパイナップルを食べましたがどれもおいしかったです。Mちゃん曰くピスタチオなどもおすすめなんだそうです。種類もどんどん増えてたりするみたいで、季節物をあわせると凄い数になりそう…。でもコーンまでおいしく食べれるしおすすめです。

ぜひバンクーバーに立ち寄ったときにはここでデザートを…。

ダウンタウン

実は96年バンクーバーに来たとき、シアトルからドライブで入国&出国したのですが、そのときバンクーバーまで行くと日本人っていないかな?と思っていたらなんとJCBは使えるし、日本語はあふれているし、リトルトーキョーって雰囲気で観光客も日本人だらけ。なんだか圧倒されて帰った記憶があります。それから日本人だらけだしな〜と思って行かなかったのですが、今回バンクーバーのダウンタウンに行くにあたってMちゃんにそのことを話すと、

「そうだったんだ〜。今はコリアンだらけだよ。日本人もいるけどコリアンタウンみたいでびっくりすると思うよ。」

へ〜。そうだったんだぁ。確かに到着したダウンタウンはアジアンな人たちであふれていました。行き交う人の顔はアジアンフェイス。お〜確かにね。お店ももともとのカナダのものももちろんありますが、コリアン、チャイニーズ、ジャパニーズが混ざって乱立いるようです。

ダウンタウンはビル群もありますが、こじんまりまとまっていて買い物などは楽かもと思いました。ただ雰囲気はアメリカよりものんびりしていて海外の中でも比較的安全な感じもしました。(といっても変な人はいますけどね)

とりあえず、ダウンタウンをうろうろ。
写真はバンクーバーの美術館です。

040404-8

バンクーバーに到着

ひさびさのバンクーバー。今回は高校時代の友人Mちゃんに会うためにわざわざ入れ込んだ予定でした。前回は96年くらいだったから本当に久しぶりです。

Mちゃんは友人の結婚式会ってなかったのですが、久しぶりにあってもあまり変わってなくて時間の流れは感じませんでした。本当にうれしかったです。彼女は現在バンクーバーの学校に行っており、1年以上ここにいるのでいろいろ案内してもらうお願いをしていました。

ひさびさに到着したバンクーバーの空港はすっかりオブジェが変わっていたようで木彫りでかざられていて独特な雰囲気でした。

040404-6

040404-7

イミグレーションではアメリカよりも質問が多く、実際に帰国のための飛行機チケットまでしっかりチェックしていました。厳しいと言うよりきっちりしているという印象かな?私たちはシアトルからのフライトしかもってなかったのでどうするのか?と聞かれ、ドライブでシアトルまで戻って泊まることも話すとすんなり通りました。

うーん…不安

アメリカの飛行機に乗っていて、テロ後、今までゆるゆるだった規定が一気に厳しくなり両極端でびっくりするほどでした。それまでがゆるすぎだったといえばそうなのですが(日本では考えられないですが、チケットを持ってない人もセキュリティチェックさえ受ければゲートの前まで行けたし、機長とフライト前に計器の前で記念写真だってとれました。そりゃ危ないです。)、今回の旅行でそれがだんだんとまたもとのようにゆるゆるになりつつあることをいっそう感じました。

ゲートでいよいよ飛行機に乗り込むときにもIDが必要だったのが、国際線以外ではあまりチェックされなくなってきたこともありますがもっと他のこともあります。

それは、機長が座る運転席の戸をばーんと開けたまま、お客さんとしゃべっていたり、作業をしているのを何度も目撃したからです。

もちろんフライト関係者からすれば空港職員がチケットのチェックやカバンのチェックをセキュリティできっちりしているので、もう危ない人が来ないと思っているためもともとのゆるゆるが復活したのかもしれませんが、チェックをしているといっても人間ですから絶対安全な保証があるかわかりません。そのあたりいいのかなぁ?と思うほどです。

写真を見て頂ければわかるのですが、運転席に一気に乗り込もうと思えば乗り込めるくらいのあけっぴろげ。

040404-4

040404-5

テロ後3年たちましたが、極端だなぁと思ったりしますね。日本ではヤシン氏殺害でひどくなっている中東問題の話を結構ニュースで見ていたのでアメリカでも今回はチェックが厳しいかなと思っていましたが、自分が受ける限りではあまり関係ないようです。また不幸が起きないといいのですけど…。

国際線といえど…

サンフランシスコから一気にカナダバンクーバーへ。隣の国でも一応国際線だからゆったりした飛行機かな?と思いきやなんのなんの。ヒューストンからサンフランシスコに飛んだ飛行機と同じく、狭い小さな飛行機でした。え〜〜これ?と思ったほどです。(笑)

カナダに入るにはもちろん入国審査があります。入国審査に必要な紙は飛行機で配られ(ファミリーで1枚でいいようです)必要事項を記入してイミグレーションで質問をされるようです。

カナダに飛行機で入国したのはこれもまた98年以来(そのときはワシントンDCからトロントに飛びました)なのでこんなんだったかなぁ〜〜?と思い出しながら書いていました。さすがに英語とフランス語が母国語だけあって用紙はどちらの言葉にも対応できるように書いてありました。

写真はサンフランシスコでのバンクーバー行きのゲート前のカウンターとバンクーバー行きの飛行機です。機体の小ささがなんとなくわかってもらえるかな?

040404-2

040404-3

こんなことしている場合じゃ〜

朝いちで早起き〜というよりは今日はほぼ徹夜状態で移動。旦那には車の運転もあるし休んでもらうにしても今日は早朝移動で心配なのでとりあえず起きて日記更新。どうにか3日までの日記が追いつき喜んでいました♪

そして朝5時。予定では5時半にホテルをチェックアウトして…と思っていたのですが、早く準備できたし、空港がどんなに混み合うかわからないしとりあえず出ようということに。そしてチェックアウト後、レンタカー返却。予定よりも着々と進み良い感じと思っていました。お天気も最悪の状態を免れ、曇りではありましたが雨や雷などはなくフライトの遅れもないだろうといかにも順風満帆…ところが!

「今度ヒューストンから移動したら西海岸時間になるからカメラの時間を合わせないと…」

という旦那の何気ない言葉ではっとあることに気づきました。

実はアメリカは今日から夏時間だったのです。この時期にアメリカにいることは少なく、まーったく忘れていました。逆の時期(夏時間から冬時間に変更)はよく渡米していた時期だったし1時間遅れになるので問題ないのですが、今日は冬時間から夏時間に変わるので昨日までよりも1時間早くなるのです。

しまった〜時計あわせ忘れてた!やばい!

私たちは二人とも余裕綽々だったのですが、一気にあわてモードに。そうです、朝5時にホテルを出たつもりが実は今日からはその時間は朝6時になっていたわけです。やばいやばい!

ダッシュで空港で飛行機のチェックインを済ませてゲートへ行かなくてはならない状況だったのですが、ヒューストンなど次にいつこれるかわからないのでロビーにあったでかい宇宙飛行士をモチーフにした人形を撮影。ぱちり!でもホントは大焦りでこんなことしてる場合じゃないんですけどね〜(笑)。

040404-1

その後ゲートに行き、混雑も少なかったおかげで無事飛行機に乗り込み、なんとか間に合いましたが、アメリカ人でもやはりうっかりしていた人も結構いたようで、ぎりぎりに乗り込む人が何人もいました。航空会社サイドもこういうことに慣れっこなのか、今日は搭乗をぎりぎりまで受け付けていたみたいです。とりあえずほ〜〜〜〜っとしてサンフランシスコへ。行きよりも風を計算して長めに時間がとってあったようですが(予定は4時間20分のフライトでした)、4時間くらいで到着しました。おかげでサンフランシスコではぎりぎりではなく少しゆとりができそう。今日は運がいいかも!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。