2004年04月26日

決断のとき

父の様態は相変わらず…という感じできています。血小板も最悪の状態になっていないものの、3万で止まっているという感じで増えてはこないというのがもどかしいところです。

父の病気に関してはいろんな検査の結果、腎臓のみに障害が起きているということはわかってきました。その場合、ステロイドが効果的であることもわかっているのですが、父はもともとB型肝炎をもっていて、ステロイドを使う課程でそのB型肝炎が劇症肝炎へいってしまう可能性があり、もし劇症肝炎になると命の問題になってくるとのことでした。つまり簡単にステロイドを使うという決断ができないというわけです。

今までステロイドどうだろうか?という形できていましたが、父も3週間に及ぶ集中治療室で気力も体力も弱ってきており、すでにステロイドを使い始める時期としては限界にきているようでした。

主治医の先生は腎臓内科の先生ですが、肝臓内科の先生や、血液内科、その他前の病院の先生ほかにも相談してくださっており、家族や本人の意見で最終的に動くかどうかと言うところまできていたようです。
続きを読む
posted by ともとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帳 なんでも日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。