2004年10月28日

レッドソックス 逆境が生んだワールドチャンピオン

ついに!ついに!ついに!!ボストン・レッドソックスがワールドチャンピオンになりました。これでもう呪いだの言われることはないでしょう…が、どちらかというと呪いが解けたうんぬんというよりも、選手が気迫でもぎ取ったチャンピオンというイメージが強かったですね。ディビジョンシリーズから応援してきたレッドソックス。ヤンキースとしても自分たちが負けたチームがワールドチャンピオンになったというのはまだよかったといえるかもしれません。しかし、日本人的にはゴジラ松井選手の夢を砕き、田口選手の夢も砕いたレッドソックス…とも言えるかも。

でも強かったですね。やはりチャンピオンシップシリーズの3連敗の後の4連勝が効いているのでしょうか。試合前のラミレス選手の発言『僕たちにはあの経験(3連敗の後でも4連勝することがある)ある。だから(王手だとはいえ)手をゆるめることはしない。』はその勢いと気迫を物語っていたとも思います。

いや〜なんといってもセントルイスは打撃のチームですから、そのチームにバッティングをさせなかったレッドソックスのピッチャー陣はすばらしかったと思います。特に、このワールドシリーズではカーディナルスの3番プホールズ選手、4番ローレン選手にまったくといっていいほど仕事をさせず、逆にカーディナルスとしては痛すぎでしたね。打撃戦になったのは1試合目だけで後はレッドソックスの投手がぴりっと締めていました。シーズン中は13ゲームの大差をつけ、いち早く地区優勝を決めた…いわば楽勝で一抜けしたカーディナルスに対して、苦しんで苦しんでワイルドカードで出場したレッドソックス。その苦しみ、途中にあった逆境が彼らを強くしたのかもしれませんね。

続きを読む
posted by ともとも at 15:35| Comment(3) | TrackBack(4) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャレンジング・メジャーリーグ

FA…もうそんなシーズンになるんですね〜。みろりさんの『みろりの今日の出来事』にトラバして少し書いてみようかなと思います。

今のところ大きくメジャーへのチャレンジを掲げているのが巨人の仁志選手と阪神の藪投手ですね。近鉄とオリックスのごちゃごちゃがあっただけにもっとチャレンジする人も出てくるかもしれませんが…。

藪投手は自分のオフィシャルサイトの中でメジャーチャレンジへの気持ちを書いていらっしゃいました。10/27のY's Messageの中です。この中の言葉を引用させていただくなら、『「なぜ、タイガースではだめなのか?メジャーでなければいけないのか?」と思う方もいると思います。でも、私の中ではメジャーでなければいけないのではなく、メジャーがあるから行きたいと言った方が正しいかもしれません。…』という言葉は正直なところなんだろうなと思いました。自分が知らない場所があり、チャレンジできる自分がある限り、やってみたいという思いなのでしょうね。代理人もゴジラ松井君と同じ、アーン・テレム氏に決定したみたいですし、いよいよという感じでしょうか。ぜひぜひ頑張ってほしいです。

続きを読む
posted by ともとも at 11:08| Comment(4) | TrackBack(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

USJ 地元集客の考え方

ネットで探索していたときに発見したニュース、USJが年間パスを期間限定で格安販売をするというものを読んでいてふっと思ったことがあったので書いてみることにしました。

このニュースは11/6から翌年の1/23の期間限定で年パスがお得に買えるというものです。安くなるのはうれしいですよね。これはこれでいいとして、常なる特典はアメリカと違ってないのかな〜って思いました。実は、アメリカのユニバーサルスタジオにはご存じの方もいらっしゃると思いますが、地元特典なるものがあります。
続きを読む
posted by ともとも at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帳 なんでも日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イラク邦人人質事件に思う

地震のニュースが毎日ひっきりなしの中、イラクで人質…というニュースが舞い込んできたときは自衛隊かメディアの人かな?と最初思いました。…まさか一般旅行者とは世にも思いませんでした。かなりびっくり。

今回この件に関してはおそらく大半の意見は一致していると思います。ご家族の方は心配と思いますし、もちろんこの方の命を軽んずるわけではないのですが、やはり私の個人的な意見としては軽率だと思うのです。安全な国(といっても現在は必ずしもそうともいえませんが)で育ったが故の危機管理能力のなさがアダになった形かもしれませんね。誤解を招かないように少し補足をさせていただけば、決して安全な国に生まれ育ったと言うことが悪いということではないのです(むしろ幼少にこの環境を自分では選べないわけですからそれは非常に幸せなことですよね)。ただ日本人として一般的な大丈夫だろう…はあくまでも日本人としての物差しであって、それで世界中を計っては危険ということです。
続きを読む
posted by ともとも at 02:13| Comment(3) | TrackBack(7) | 雑記帳 なんでも日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。