2004年11月17日

大リーグMVPの発表

昨日ナリーグのMVPの発表があり、今日はアリーグの発表がありました。ナリーグは日本でもすっかりおなじみのバリー・ボンズ選手。40歳での受賞は最年長受賞で、自身の持つ連続受賞記録を4年に、最多受賞回数を7度に、それぞれ更新したというのだからたいしたものですね。いやぁ〜すごいです。正直、私的には田口選手がいるカーディナルスのプホールズ選手がとるかな?と思っていました。打点、本塁打数ともにプホールズ選手やLAのベルトレ選手の方がボンズ選手よりも上だったのですが、相手が勝負を避けた120という驚異的なファーボールの数が考慮された形になったようです。120って考えられないですね。びっくり。

アリーグはエンジェルスのゲレーロ選手が受賞しました。アリーグに関しては日本で騒がれているよりアメリカでは打点やホームランなどスラッガー的な要素が多く見られることが多いですし、イチロー選手の受賞は正直難しいのではないかな内心思っていましたが、まさかこの記録的な年に7位とは思わなかったです。2位が150打点をマークしたテハダ選手でもなく、プレーオフ活躍したオルティーズ選手でもなく、シェフィールド選手っていうのもよくわからなかったですが(笑)。でもゲレーロ選手はシーズンもすばらしい活躍でしたし、納得ですね。今までどちらかと勝ちが少ないモントリオールエクスポスにいて、今年は勝てる喜びでハッスルしていましたしね。

個人記録よりチーム成績 投票に顕著な打点重視(共同通信社)

↑この記事によると、ア・リーグのMVP投票結果は、個人記録よりも所属チームの成績を重んじる傾向が浮き彫りとなった。イチローのマリナーズは99敗で大差の最下位。84年ぶりの年間安打記録更新もチーム状況が足を引っ張ったかたちだ…とのこと。

昨年はダントツにアリーグ西地区でビリだったチームテキサスレンジャースに所属していたアレックス・ロドリゲス選手を選んだのに、今年はなるほど、イチロー選手の記録よりもマリナーズというチームの勝利という観点でみているわけかな?チーム重視だったのねと思ったのですが、よくよく考えれば、ナリーグの方はチーム重視ではないですよね。ボンズ選手の所属するジャイアンツはプレーオフにもでなかったですし。なんだかよくわからないな〜と不透明な基準にクエスチョンマークになってきたとき、ある記事を発見しました。

イチローはMVPにふさわしくない?=米スポーツ専門局

読んで頂けると分かりますが、どちらかというとフォックスに対してなんくせ的なイメージを受けました。確かに長打は少ないですが、イチロー選手の役割、リードオフということを考えると出塁率が多いということが大事だと思いますし、これってどうかなぁ。そういう考え方もあるのかもしれませんが、なんか…うーん。ライトの守備がセンターほど守備範囲が要求されないということも書かれていましたが、イチロー選手がライトにいることで長打を長打としない(ランナーを1塁に釘付けにする)という意味ではかなりマリナーズのピッチャーが助かっている部分だと思いますし(フレディは実際そのように思っていましたし)。まだまだ日本選手がアメリカで記録を作ることを快く思ってない人もあるのかなという部分をなんかちらっと見た気がしました。

どちらかというと、イチロー選手も、ゲレーロ選手も、テハダ選手もみんなすばらしい。でも、こういう理由で今回はゲレーロ選手が一番!という書き方(考え方)の方が自然な気がします。いずれにしても、記録を作った選手に大したことないというのはちょっと…と思います。すごいことはすごいと認めることも必要ではないかなと思っちゃうんですけどね(すごくないということになるのかな)。

そういえば、ボンズ選手で思い出しましたが、シーズン始めに騒がれたボンズ選手やシェフィールド選手の薬物疑惑は疑惑どうなったんでしょう?シェフィールド選手は使用を認めたりしていましたが、結局メジャーリーガーの黒い噂はMVP選出には関係ないようですね。うまくうやむやにしてしまったような…。これ、MVPって協会に所属した権威あるメディアの方が選ぶのですから、こうしたメディアさんは問題点も無視しないで私的にはちゃんとしたほうがいいと思うのですが…どうなんでしょうね。
posted by ともとも at 23:28| Comment(6) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ともともさま。こんばんわ。
お言葉に甘えてまたまたお邪魔します。

FOXの記事については、記事を載せた後に、それに対して寄せられた読者の反論を大量に掲載したらしいので、やらせ記事の一種ではないかと私は思っています。(読者を挑発するような内容の記事を書いて読者の関心を煽るというような。。)
おまけに、この記事を書いた記者の方は、日テレの番組でインタビューに答えていて”僕の考えに間違いはない”見たいなコメントもしているので確信犯だと思われます。(実際、イチロー選手が嫌いなんだろうとも思われました)

私自身は、この全米記者協会の選ぶMVPについては、基準が曖昧かつその年によって流動的なので、結果についてあまり突っ込まないことにしています。(^^;
今年はゲレーロ君がとるといいなと思っていましたし、イチロー選手は”選手の選ぶMVP”を受賞したのでそれだけで大満足です。

(長いコメントになって申し訳ございません。)
Posted by 猫又 at 2004年11月18日 03:04
猫又さん
おはようございます〜。なるほどー!確信犯ですか〜。情報ありがとうございます。m(_ _)m それは大いにあり得ますね。うんうん。

私もキャンプなどで記者の方とお会いして話すことがあったのですが、マリナーズの番記者さんはともかく、他のチームの番記者さんなどでは結構イチロー選手嫌い?と思っちゃうことがありました。 好き嫌いはともかく、やっぱり、認めない!という発言が表に出てくるとさみしいものを感じちゃいますね〜。…でこの記事。やっぱり寂しくなって書いちゃいました(笑)。

ゲレーロ選手はホントすごかったですね。私もシーズン中の成績はすばらしかったし、とって当然!と思っています。(^^)チーム貢献度としては打点が150もあったテハダ選手も貢献していましたからポイントがあってうれしかったです。

MVPってホント不透明ですよね〜。人間が選ぶから不透明でいいのですが、理由付けが???と思うこと多々あります。つっこんでも仕方ない不毛なエリアなのですが、ついつい書いちゃうんですよね〜(笑)。
Posted by ともとも at 2004年11月18日 10:47
こんばんわ。
またまたお邪魔します。

>他のチームの番記者さんなどでは結構イチロー選手嫌い?
>と思っちゃうことがありました。
あ、やっぱりそうなんですか?
直接アメリカの記者の方に会ったことはないですが、記事などからイチロー選手が嫌いな記者さんは結構いるなあと常々思っていました。(理由はよくわかりませんが。。日本人だからなのか、イチロー選手が他の選手に比べてあまりに特異にすぎるのか、メディアに対して冷たいせいなのか。。。もしかして、この全部かもしれまへん(泣))ファンとしてはやはり寂しいですね。

MVPの基準の曖昧さは、毎年、投票権のある記者が違う(各地区2人?)というせいもあると思います。(それにしても、今年は例年になくよう判らん基準ですよね。貢献度とか打点重視だったら、なんで松井選手があんなに少ない点なんだろう?不可解。。(←結局突っ込んでしまいました))

(またまた長々と書いてしまいました。ごめんなさいです。)
Posted by 猫又 at 2004年11月18日 23:12
>猫又さん

こんにちは〜。いえいえ、長いなんてとんでもないです。これだけ書いて頂けるのは幸せなことですし(^^)。気にしないでカキコしてくださいね♪

今までお会いした方で、何度かありましたよ〜。人間ですからね、好き嫌いがあっても当然だと思うのですが、メディアの人でも論調に見事に出されるので(仕事と私情は別じゃないのね〜)こちらがむしろびびりますよね(苦笑)。

イチロー選手は一見メディアに冷たいというイメージですが、私はむしろ勉強してきたメディアさんにはここまでしゃべる?というくらいのサービス精神がある方だと思います。どちらかというとメディアにも(野球の取材に来るのだから野球はちゃんと一応自分なりに勉強してきた姿勢があるかどうか)プロを求めていらっしゃる部分があるのかな?と。ただ勉強してきてないメディアの方にそこまで見抜いてくれることができるかというと………なので当然変な印象を勝手に持たれてしまうことがあるかなという気がします。だからそれで悪印象なのだとしたらとっても気の毒です。ファンのこともめちゃめちゃ考えていらっしゃるな〜と思いますし。

でもね、好き嫌いは別としても、やっぱりやったことに対してはちゃーんと評価ほしいですよね。このあたりホント記事を見たり、話をきいたりすると凄く寂しいモノになります。私はもちろん日本人ですが、やっぱり外人選手でもすごいものはすごいと思っちゃうし、それでいいんじゃない?と思うのですが…。ナショナリズムが低いと言われれば、それまでなのかもしれませんが、やっぱりクオリティ高いモノには素直に反応していきたいですよね〜。

MVPについてはそのとおりですよね。貢献度ということならば、松井選手はもっと上でもいいはずでは?と思っちゃいます。(確か23位でしたっけ?)結局イチロー選手を選ばない理由付けだったのかしら?うーん、不可解だわ〜。
Posted by ともとも at 2004年11月19日 11:54
ともともさま。こんばんわ。
またまたまたお邪魔します。(しつこくてすみませんが、あまりに嬉しいので書いてしまいます。ご容赦ください。)

イチロー選手のメディアへの対応について、好意的なご推察ありがとうございます。ここまで判って下さる方は極々稀なので涙が出るほど嬉しいです。(感涙)
イチロー選手は、まだまだ人間的に未熟(本人談)で、他人に厳し過ぎる(これまた本人談)ので、プロ意識の無い勉強不足の記者さんには相当に酷い態度をとるようですので、嫌われても仕方ないかなと私も思っています。(で、そういう理由で嫌う記者の方はイチロー選手を評価することは決して出来ないだろうなと思うのです)
でも、日本のメディアよりはアメリカのメディアの方が少しはマシかなとも思ってたりして。。。(^^;

MVPの今年の選考基準の不可解さは、もしかしたら、記者の方達の価値基準の混乱や混迷を表しているのかも、という気がしてきました。(それがイチロー選手のせいならば痛快ですが。。。)

(また長い。。お言葉に甘えてもう短くするのは諦めました。。)
Posted by 猫又 at 2004年11月20日 00:20
>猫又さん

こんにちは〜。いえいえ、とんでもないです。たくさん書いてくださってホントありがとうございます。

きちんとイチロー選手を理解できてるとは限らないのですが、そういっていただけるとうれしいです。イチロー選手についてはいろんな考え方があると思いますが、本音をゆがめずに伝えてくれる、わかってくれる人に対してのコメントは違うんだろうな〜と個人的には思っていました。たとえばナンバーの記事とか、あと意外なところではプレイボーイのイチローイズムとか(これはそのまま言葉を換えずに載せていたのが良かったのかも)読んでいるといろんなことを考えていらっしゃって、ホントたくさん応えていらっしゃって…すごいなぁと思ったんですよね。

でも猫又さんのおっしゃるイチロー選手の自己診断(コメント)はホントおもしろいですね。分かってもらえる人にわかってもらえたらいいというところでしょうか。

MVP…そうかもしれません。基準がかき乱されているのかも。もともとスラッガー=人気者という大リーグの図式が必ずしもそうではないぞ!と崩れてきているという意味ではイチロー選手は貢献者といってもいいかなと思っちゃいますね。

これからも良い意味でじゃんじゃん期待を裏切ってくれると思ってます(^^)。
Posted by ともとも at 2004年11月20日 13:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1066237
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

メジャーリーガー達に高く評価されるイチローと赤星
Excerpt: 米国MLB(メジャーリーグベースボール)でMVPが発表された。 選手による投票で...
Weblog: 猫の法学教室
Tracked: 2004-11-19 01:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。