2004年11月24日

ロッテが楽天に…

ロッテが楽天に弟子入り?なんてびっくりするようなタイトルのニュース。どんな話かなと思ったら、IT関連事業のノウハウを学びたいということでした。

ロッテが楽天に"弟子入り…IT関連事業のノウハウ学ぶ

ここのところ、ロッテはバレンタイン監督が営業プランナーと務めることを明かしたりしてパリーグに明るい話題を提供していましたね。監督自身が営業活動をすることはびっくりではありますが、ファンサービスを本当に考えていらっしゃいますね。もちろん監督が裏方的なことまでできないでしょうから、メジャーの営業ノウハウを持つ人間をアメリカから招へいすることを検討したりしてマジモード。これは嬉しいことですよね。試合前のカラオケや子供たちによるベーススライディングなどいろんな案があるようで楽しみです。

さてさて今回の話ですが、ロッテが楽天に営業部の職員を派遣、インターネットによる試合中継のノウハウなどIT関連事業の面で指導を受ける計画を進めていることが23日、明らかになったというもの。深刻、かつ慢性的な赤字が続くパ・リーグにあって「5年後には黒字に転換できる」と話す楽天経営陣の戦略に直に触れ、新たな発想、プランなど互いに情報交換して赤字脱却の足がかりにしたいとの考えだそうです。得意分野を勉強させてもらう…確かにチーム的にはライバルでも同じパリーグにいるのですからいいことかもしれませんよね。それでも職員を派遣してまでってかなりの本腰ですよね。すごいなぁと思っちゃいました。

以前、ネット中継の収入を柱にするというIT産業系に対して、すでに導入して一旦身をひいている横浜などは『自社のネット中継での赤字の実態を明かすと共に、お手並み拝見したい』というコメントをされていましたが、確かに、ネット中継の収入を柱にすることで黒字化できるのかこのあたりは興味ありますね。個人的には単に中継するだけではやっぱりテレビのような大画面で見たいですしどうかなと思う部分はありますが、たとえばMLB.comのように、いつでも○月○日の試合…というと読み出せたり(もちろん会員制ですが)、好きな選手の場面ばかり切り売りしたりといろんな映像の楽しみ方を提供しているところなどうまく利用すれば、単なるネット中継ではないネットでの映像配信が楽しんでもらえるようになるかなという気はします。楽天がどういう形でファンに提供してくるのか楽しみです。

ロッテも人気球団におまかせ!というのではなく、ファンとともに球団を作り上げようという姿勢、すばらしいと思います。来シーズン、パリーグが盛り上がることを楽しみにしたいと思います。
posted by ともとも at 15:37| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ともともさん、再び失礼します〜。

おぉっと、我らがロッテの話題じゃないですか〜(笑)
ロッテというか、ボビーはさすがにメジャーの監督をやっていただけあって、ファンサービスに関しても人一倍力を入れているような気がします。そしてそれを球団側も理解しているところがいいですよね。まさか楽天に派遣させるとは思ってもいませんでしたが、こういうのはいい事なんじゃないかなと思います。たしかにネットに関しては楽天はプロですものね。
最近はどこの球団もファンサービスに関してかなり重要視していますから、来シーズンからどんな風に代わっていくのか楽しみですね〜。
Posted by みろり at 2004年11月24日 23:28
>みろりさん

ロッテですよ〜ロッテ!ボビーはさすがですよね。メジャーリーグでもいろんなチームで監督さんされていたみたいですし、そういうところが生かされているんでしょうね。みろりさんのおっしゃるとおり、球団側も柔軟性があると思います。お互いに良い部分を引き出しあって、パリーグを盛り上げるというのはいいことだと思います。何年か後に、パリーグ=赤字の方程式が崩されていることを願うばかりですね。
Posted by ともとも at 2004年11月25日 09:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1114103
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。