2004年12月02日

岩隈投手の問題と高橋尚成投手の発言

ニュースでもブログでもすっかり話題になっている岩隈投手の移籍問題。ずーっと平行線のままここまできているのですが、先日の古田選手会長と選手会の後押しもあり、ようやく落ち着きつつあるようですね。合併前から新しく出来るオリックス・バファローズではやる気になれないからプロテクトしないでほしいとコメントをし続けてきているわけですし、なんとか早く決定してあげて欲しいなと思います。

球団サイド的には一種のカケだったのでしょうが、思った以上に岩隈投手の意志がゆるぎなかった…ということでしょうね。まぁそこまでガンとして譲らないという形でこられるとおもってなかったのでしょうが、他の選手もプロテクトできただけに球団的には損失かもしれません。とはいえ、まぁ、仕方ないですよね。球団がそういう選択肢を選んだのですし…。

仰木監督断念!『楽天・岩隈』誕生へ(スポニチ)

オリックスサイド的には長引いてもねばり強く話しあって説得を続けたかったのでしょうが、ここにきて選手会が立ち上がったのでそうも行かなくなったノという感じなのでしょう。もともとスト回避が決定した9/23の労使合意で「合併球団の移籍では選手の意思を配慮、尊重する」と申し合わせる形でなんとか場をおさめた経緯もあるわけです。そのときの『約束』を最大の盾としての全面支援…となっては球団も長期話し合いとはいかなくなりますよね。ちなみに、松原事務局長が「今回は経営難によるもので、チームを強くするための統合じゃない。そのために合併球団か楽天のどちらかに、ということで分配ドラフトに全球団が協力した。その中で(楽天以外の)他球団へ行くのはルール違反」と言及したこともかなり球団的には痛いところつかれた感じかも。でも発言の責任はありますし、そのときだけをおさめればよい…という姿勢では問題がありますから、やはりきちんと岩隈投手の処遇を意志通りに配慮してあげた方が良いのではないかなと思ったりします。

また、記事には、分配ドラフト開催の経緯における『道義的』な問題以外にも、オリックス側が岩隈の意思を無視できない要因には法的な問題があるとも書いてあります。今回の統合については近鉄がオリックスに対して「営業譲渡」するという形態が取られているため、労働組合法など民法上で当てはめた場合、使用者(近鉄)は労働者(岩隈)の承諾がなければオリックスに譲り渡せないのでは…との解釈があるわけです。このため法的手段に訴えられた場合、岩隈投手の勝訴の可能性が高いとされる見方があります。

そもそもの問題は、ライブドアが近鉄に手を挙げてくれたときにそのまま譲渡していたらこんなことにならなかった…というところからスタートしちゃうのですが、今更どうしようもないですし、まぁどうしてもNPB的にはライブドアの参入は避けたかったように思われるので(苦笑)このことはおいといて、営業譲渡ではなく、事実上通りオリックスの吸収合併だとしていたら球団は楽だったのではなかろうかと思います。もし吸収合併という形で発表していたら、球団が吸収されてしまうわけですから、岩隈投手も新チームにそのまま権利がいっていたのでしょうから上記のような法的な譲渡の手続きが関係なかったのではないのかな…と。近鉄が体裁があったのか吸収という形をいやがり、表向きだけでも営業譲渡という形を選択した結果、岩隈投手の権利も譲渡する必要性がでてきてしまった…ということになるすれば、近鉄が結局自分で首をしめてしまったということにもなりかねないのだと思ったりもします。仕方ないですね。

さてさて、こんな中、出てきたのが巨人の高橋尚成投手の苦渋の発言。

尚成が残留確認『岩隈のわがままで不安』(日刊スポーツ)

尚成トレード拒否!生涯巨人 岩隈問題とばっちり『納得いかない』

ここのところの岩隈投手の問題に巻き込まれたと自らの処遇に不安感を訴え確認したものだということですが、この中のコメント『一選手のわがままでとばっちりを受けるのは納得いかない』に個人的には男下げた?という気がしちゃいました(ゴメンナサイ)。

気持ちもわかるんですよ。生涯巨人を貫きたいというのも伝わってきました。それに、確かに今回の問題、巨人にいる尚成投手には、ある種自分に直接関係ない問題かもしれません。でも私的には、球界全体の問題としてとらえてほしかったです。トレードをごねてる部分だけ見たらワガママといえるかもしれません。でも岩隈投手はそうではなく9/23の約束を果たして欲しいと主張しているのだと思うのですが…。だから決定前から自分の気持ちを示唆してきたのでしょうし、今回も選手会が動く結果になっているのだとも思うのです。単なるワガママだったら選手会もかかわりたくないでしょうし…。もちろん、岩隈投手が個人的に尚成投手とトレードしてくれ指名したのであれば、尚成投手にとってはとばっちりだと思いますが、球団同士が決めていることで仮にこのトレードが決まったとしても、巨人が決めたことなので、気持ちをぶつけるべき相手は、岩隈投手やオリックスではなく、巨人だと思います(もしトレードが成立したときは、巨人が戦力として選んだのが岩隈投手ということなのですから)。もともと、岩隈投手は自分のことで他の選手に迷惑をかけるといけないから…という理由で金銭トレードを希望したりしているのですから、こういうコメントや選手会がなぜ動くのかまできちんと分かった上でコメントされる方がいいのになーと個人的には考えちゃいました。

岩隈投手…来シーズン、個人的には頑張ってほしいです。ちなみに彼のオフィシャルサイトは人柄がとってもよく出ていて結構好きです。Diaryのところなど、話し言葉調でかなり親しみがわきます。奥様ともどもチャリティや子供たちへの支援などには熱心で若いのに感心しちゃいました。

岩隈久志オフィシャルサイト Iwakuma21.com

それにしても個人的には、今回のこの発言は巨人ブランドの大きさというものを改めて感じました。昨年近鉄へのトレード噂があっても拒否した元木選手、そして先ほどの清原選手、今回の尚成投手…。巨人でキャリアを終えることの重要さがやはりあるのかなというのが見え隠れしちゃうのですが…。いずれにしても生涯巨人で終えたいのでしたら、やはり必要な戦力だ!巨人にいてくれ!とフロントに思ってもらえるように活躍できるのが一番いいと思います。来シーズンぜひ結果をだして魅せるプレーを期待したいですね。
posted by ともとも at 14:17| Comment(5) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは〜!

高橋尚成投手の発言、自分も新聞で読みました。
あまり読んでいて気持ちのいいニュースでは無いですよね。

ともともさんのおっしゃるとおり、今回の一件は近鉄とオリックスの合併問題から始まった事で、9月には球界全体でストライキまでしたのに、ここにきて、『個人のワガママ』ということになってしまうのはどうなんだろう?と思います。

まぁ、色々と事情はあるのでしょうけど、ああいう場で発言をするということは、非常に影響のあることだということは、再認識してほしいなぁ・・・なんて偉そうに思ってしまったり。

早く解決してもらいたいですね。
Posted by ヒロキ at 2004年12月02日 17:48
ともともさん。

私もこれにはさすがにビックリしちゃいました。でもなんていうか、きっとこうやって思っている選手が他にもいるのかもしれないな、なんて思ってしまいました。実際に選手達の間ではこの問題について、どこまで状況が伝わっているのかわかりませんからねぇ。当然冷静に考えればあんな発言にはならないのでしょうけれども、なんだか悲しいニュースでしたね…。
Posted by みろり at 2004年12月02日 23:35
こんばんは〜。このニュース何度みても悲しい話ですね。

>ヒロキさん
ヒロキさんのおっしゃるとおり、気持ちいいニュースじゃないですよね。個人的な名前があがったことは確かに気の毒だなーと思う部分もありますが、それでもワガママ発言はあまり…ですよね。選手会が全面協力を惜しまないという発言をしていることを考えても、公に軽々しく口に出さないほうがよかったのではないかなと思います。…というかそもそもこの認識自体が悲しいですけど…。

>みろりさん
朝に読んで私もびっくりしましたよ〜。でもおっしゃる通り、高橋尚成投手に限ったことではないのかもしれませんね。でもここでもう一度そういう認識を持っている選手に対して問題の本質を見直す機会になればいいなぁと思うばかりです。今回の問題は根が深いだけに、メディアに向けて自分の感情だけを語るのはあまりよろしくないかな〜と個人的には思ったりしています。
Posted by ともとも at 2004年12月03日 01:22
どうも、ご無沙汰してます!
尚成は浅はかだなぁ〜って思いますよ
まぁ、気持ち的に苛立っていたんだろうとは
思いますが・・・。
選手のわがままというなら、トレードは嫌じゃ、
巨人じゃなきゃ嫌じゃって言うのはわがままじゃないの??
人気球団にいると、消滅された球団にいた選手の想いとか
悲哀とか、そういったものは感じられないのかなぁ〜

尻出し芸人、やってしまいましたって感じです(笑
Posted by shu at 2004年12月03日 16:28
>shuさん

お久しぶりです。コメントありがとうございます〜。ホント浅はか…という言葉がぴったりですね。選手会がなぜ動くのか…というところまできっと見えなかったのでしょう。残念です。確かにshuさんのおっしゃるとおり、ある種ワガママかもしれないですよね〜。いやはや…って感じです。尻だし芸人…思い出しちゃいました(笑)
Posted by ともとも at 2004年12月04日 17:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

選手の器、人の器(高橋尚成と小林繁)
Excerpt:  巨人の高橋尚成投手が契約更改後の席で岩隈投手との交換トレード要員になっていることで、「一選手のわがままでとばっちりを受けている」と岩隈投手を非難するコメントを発言した。  高橋尚成投手、今期成績5..
Weblog: SEABLOGスポーツ
Tracked: 2004-12-03 10:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。