2004年04月25日

【M's】Freddy's テキサス戦

今日はフレディの登板日です。先発ピッチャーの場合、5日に一度のローテがかっちりしているので気分的に私もローテで動いちゃいます(笑)。

前回は延長戦でフレディには勝ち負けつかず…フレディは勝ちでバトンタッチしていただけに残念でした。今回は??

ちなみにいつもいろいろお世話になっているjamocaさんが教えてくださったデータによると、昨年の対戦成績はオークランド以上に悪いとか。

5試合登板−1勝3敗 被HR3本 防御率5.93
うーん、苦手のアレックスもいなくなったし、今日は踏ん張ってくれるといいのですが…。

試合が始まってみると、今日も投手戦。フレディのゲームの時打線はなぜか沈黙しちゃうんですよね〜。う〜ん、相性が悪いのかしら?頼みます〜〜って感じです。フレディは7回まで0点で抑えるピッチングでしたが、8回にブレイロック選手にソロホームラン。めっちゃ悔しそうでした。その後、ソリアーノ選手はうまく押さえたのですが、デルーチ選手&フルマー選手に連続ヒット。

個人的にはツーアウトまできているし、ここまで打線が沈黙している中、孤軍奮闘で頑張ってきたのだから、仮に打たれて点をとられるとしても自分の失投だし、もし押さえて1失点で終わると次ぎの回にマリナーズが逆転してくれたら勝ち投手になるかもだし…メルビン監督がチャンスをくれるとうれしかったんですけどね〜。

あっさりマテオ投手に変わってしまいました。(泣)

こうなると負け投手かノーディシジョンしかなくなるので、せめて押さえてもらって、防御率のキープをしてほしいなと言う思いで、見ていたのですが…。

カキ〜ン!とあっさりツーベースヒットを打たれ、3失点すべてフレディについてしまいました。ぎゃ〜〜!!野球って誰の出したランナーかによって誰の自責点になるか…が決まるので、マテオが打たれてもフレディのランナーですから追加の2点もフレディの自責点としてつくんですよね〜。ああ、せつない〜。

でも後でデータ見たら3失点フレディが打たれたかのように残るだけ。うーん、不合理だわ〜。リリーフが打たれたことなんて全く残らないんですもの。まぁ、こう考えるとリリーフの防御率ですごく悪い場合、本当に自分のランナーで打たれているわけですから相当悪いということにもなるのですが、それにしてもかなしーです。これならフレディに自分で決着つけさせてあげたかったな〜。仕方ないんですけどね。

↓下のGamedayを見ていただけると本当はマテオが打たれたのですが、まったくデータに残ってないのがわかっていただけると思います。

http://seattle.mariners.mlb.com/NASApp/mlb/news/wrapup.jsp?ymd=20040424&content_id=728873&vkey=wrapup2004&fext=.jsp&c_id=mlb

ところで、フレディはキャンプの時の日記でも書いてきましたが、今年ピッチングプレートの踏む位置を一塁側から三塁側ないし中央に変えてきています。それにより、ホームランを打たれる割合がかなり減ってきたように思います。やはり球に体重が乗る分、重たくなり、フライを打たれてもホームランになりにくいのかもしれません。今年はいい感じかも♪実は2001年には16本の被ホームランですんでいたわけだし、復活!してほしいところです。

0-3で負け投手になってしまいました。防御率がいいのが救いかな?でも試合後APに載っていたフレディがベンチで悲しんでいるシーンの写真はあまりにも悲しかったです。慰めてるガルダード投手…って前回あんたがうたれてるんじゃん!とつっこんじゃいましたが(笑)。まぁ、これが野球なんでしょうか…。

次回こそ!挫けずがんばれ、フレディ〜〜。
posted by ともとも at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/721976
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。