2004年09月21日

神楽(かぐら)

神楽…最近までは聞いたことある〜程度だったのですが、旦那の知り合いが神戸から島根の大和村に引っ越して以来、その地域に神楽というものがあることで身近に感じるようになりました。

…とはいえ、今までは『ふーん』程度だったんですけどね。

今回、旦那が10/9にあるお祭りの神楽の写真を撮影することになり、撮影前にどんな場面があるのか知りたいからビデオを送ってもらい、私も編集がてら見たのですが、これが結構おもしろかったです。
いわゆる日本伝統文化的なものですが、ネットで調べてみると神楽をする神楽団なるもの、かなり各地域に細かく存在するようですね。しかも、広島もかなりの本場!(しらんかった〜)かなりこれは奥も深そうです!

演目も日本昔話に出てくるようなヤマタノオロチなどもあり、そのほかの演目も本当にわかりやすいので頭にもすっと入りやすいです。

040922-2

そしてあの舞!なんといってもあの衣装の重量を背負いつつ、舞い続けるのですから体力がいりますよね、きっと。すごいです。生ではまだ見たことないのですがきっとド迫力なんじゃないかなぁ〜。

中でもだいたい悪者を退治した跡に、主人公がそれを喜んで『嬉し舞』という舞を踊るのですが、それが今我が家でちょっとしたマイブームになっています。なにかちょっと嬉しいことがあると『嬉し舞』といいながらくるくる回って自分なりに踊ったりしています。←オバカ。

嬉し舞の一例↓

040922-1

昔から時代劇見るとすぐにその口調をまねしたりするところがある単純ちゃんなので(笑)ちょっとはまっちゃいました〜。ふふふ。こういった楽しみ方は邪道かもしれませんが、気分が明るくなるからいいよねぇ〜なんて個人的には思ったりして。(笑)ダメ?
posted by ともとも at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帳 なんでも日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。